新入社員研修は重要?研修って必要なのかな?と思っているあなたへ

新入社員研修ってどんなことをするの?

新入社員が入社すると、新入社員研修を設けている会社はたくさんあります。

期間は2週間だったり、1ヶ月だったりと様々です。

新入社員研修では、多くの会社が仕事を行うにあたっての基礎を教える場であるため、長い講義があったりして、つまらなく感じる人も多いでしょう。

研修では、社会人としてのマナー、例えば名刺交換の仕方や、電話応対の仕方、ビジネスメールの書き方、FAXの送り方、言葉使いや服装に至るまで、基礎の基礎を叩き込まれます。

会社のこれまでの歴史や、取扱い商品の詳しい説明等の講義もある可能性があります。

聞くだけでなんだかあまり面白くなさそうですか?でも会社の一員となったからには、この研修を受けることは必須なのです。

研修中の内容は宝の宝庫研修をバネに素敵な社会人に

つまらなく感じるかもしれない研修ですが、新入社員研修とは実は宝の宝庫です。

社会人になる前は学生だったのですから、ビジネスマナーを知らないで当然です。研修ではしっかりとマナーを教えてくれるでしょう。

このマナー研修を怠ったら、後々痛い目を見るのはあなたです。マナーは社会人として身に付けるべき一番重要なことです。

例えばあなたがビジネスマナーを良く知らずに、お客様応対をして恥をかいた場合、恥をかくのはあなたではなく会社なのです。

また、会社の歴史やあなたの会社の商品についてもし研修中に講義があるのなら、一つ残らず頭に叩き込みましょう。

実際現場に出てからでもいくらでも覚えられますが、基礎知識がちゃんと身についていれば、上司や先輩に「あ、この子はしっかり研修で学んだな」と一目置かれるでしょう。

是非、新入社員研修を最大限に活用して素敵な社会人になってください!

社員研修は会社の仲間と会社のイベントとして旅行に行くことです。最近は仕事とプライベートをはっきり分ける人が多く、社員旅行を積極的に行なっている企業が減っているようです。