水没したiPhoneはすぐに内部クリーニングが必要ってホント!?

iPhoneの水没は最初の処置が重要です

水没させてしまったiPhoneは、最初の応急処置が大切です。内部のどこまで水分が入り込んだのか外から見ただけでは分からないので、速やかに電源を落として取り外せるsimカードは抜いた上で、水没修理に対応している店舗へ持ち込みしなければなりません。最初に行なうのは、iPhone本体をバラバラに分解して行なうクリーニング処置です。一度全部のパーツを完全に分解してから、再度組み立てを行なう前に腐食の有無を確認しなければなりません。ショート箇所が見つかったら、基盤修理から行わなければならないので、修理費用が高額となりやすいです。水没させてしまってから、クリーニング処置をするまでに時間が長いほど、内蔵バッテリーによるショートが起きやすいので、時間との勝負になるでしょう。

水没したiPhoneの復旧はバックアップ次第

iPhoneの復旧作業は、本体さえ直せれば簡単です。iPhoneは設計段階から、常時PCにバックアップを取りながら使うことになっています。PCの機能の一部を外に持ち出して使えるようにしたものが、iPhoneだからです。PCへのバックアップをせずに使用している場合には、本体を買い替えてしまうと、データ復元が出来なくなります。水没させてしまったiPhoneを分解修理まで行わなければならないことは、iPhoneの設計思想からは外れてしまっていますが、実際にPCへのバックアップを取っていない人が少なくありません。水没したiPhoneの電源再投入を行ってしまうと、基盤ショートを招きかねないことから、水没修理専門店へ持ち込んだら全て任せた方が良いでしょう。

iPhone修理は買ったお店などに持って行って依頼すれば修理してもらえます。保険に加入しておけば修理代を払わなくて済むことがあります。