セキュリティの管理の大変さとその負担を減らすアウトソーシングの魅力の紹介

情報セキュリティ管理者に肩にのしかかる負担とは

近年ますます複雑化している情報技術、その情報セキュリティの穴を突かれないような対策も合わせて複雑化、高度化している現在において、情報セキュリティ管理者に対する負担は日増しに上がっています。

そのため、セキュリティ上の課題やリスクを認識して、PDCAサイクルを回していくことで、対応しているのです。

具体的に見てみると、まず、情報分類、リスク評価分析などのセキュリティ対策の具体的な計画をたてます。

次に、アカウント・アクセス権管理などの対策の運用をしていき、その対策がうまくやれているかの結果の監査をします。

そして問題点が見つかれば改善、処置をしていきセキュリティレベルをさらに上げる必要がある、といった感じです。

アウトソーシングをする注意点と利点

サイクルの中で、障害、復旧、事故対応が大きな負担となり、結果、重要なチェックと修復という行動までに移れないのです。

そのため、ITアウトソーシングをすることで、ルール通り正しく運用させやすくなり、最も負担の大きい運用部分を外部に任せることで、企業の負担は大きく減らせます。

メリットを見てみると、24時間365日対応、常に最新のセキュリティの穴をふさぐパッチを適用でき、対策の設計、構築から運用、保守に至るまで任せられる点が挙げられます。

ただ、注意点も当然あり、アウトソースする業務と役割分担を明確にすることをしなくてはいけないことです。

アウトソースする業務と打ち合わせをすることで自分たちがすべきことを明確にして、トラブルが発生した場合の責任を明確にしておくことで問題を迅速に片付けられるからです。

万一のためにも、意思をすりあわせ、素早く決断できるように用意しておきましょう。

運用監視業務は、大手のIT関連企業はもちろん、一般企業などで重要な業務のひとつとして扱われることがあり、ネットワークの環境を向上させるうえで、適切な知識を得ることが大事です。