ネットで誹謗中傷を受けないために気を付けておきたいこととは?

意外と気付かない危険性

日常的にネットを使っていると、自分達がいかにネットでの誹謗中傷に対して無関心なのかということがわかります。特に、SNSを利用しているのであれば、ふと思ったことを気軽に投稿出来てしまうという点があります。こういった機能は非常に便利なのですが、あまり考えずに発言を投稿してしまうのは、非常に危険です。確かに、自分の発言を投稿して、誰かが良い反応を示してくれたのであれば、気分が良いでしょう。ですが、もしも、相手がこちら側に対して敵意を抱くような人間であった場合、誹謗中傷に遭う可能性は高くなります。自分一人だけがこういったSNSを利用しているのであれば、誹謗中傷の心配はないでしょうが、やはり大勢の人が利用しているのですから、必然的に誹謗中傷に遭う可能性は0

ではないのです。

ネットで誹謗中傷に遭わないために

ネットにおいて、誹謗中傷に遭わないために心掛けておきたいことは、不用意な発言をしないようにすることです。SNSであれば、誰かに共感してほしいという感情から、投稿を繰り返してしまう。そこには、その時あった出来事を投稿したいという感情もあるでしょうが、投稿する前にもう一度考えてみることです。この投稿をすることによって、どういった反応が返ってくるのか、良い反応、悪い反応が返ってくるのであれば、どういったことが予測できるのか?そして、この投稿によって、自分自身が攻撃されてしまうようなことが起こらないのかどうか、個人情報が特定されてしまうような内容が含まれていないか、確認してきましょう。こういった当たり前に思えるようなことこそが、誹謗中傷を回避する方法なのです。

逆SEOとは、検索エンジンにおいて、自分や自分たちの会社等を誹謗中傷するサイト等、人目に触れさせたくないサイトの検索順位を下げる方法です。