軽い気持ちで行ったネット誹謗中傷は相手を思い詰める

決してやってはいけない

長い人生生きているといいことも悪いこともたくさんおきます。そして自分にとって嫌な人やいい人など様々な人と出会うでしょう。気に入らない事は人生の中ではたくさんあるものです。しかしそれを乗り越える力があってこそ人は強くなれるのです。しかし中には気に入らないことを直接本人に行ったり、自分で解決することができないせいでインターネットを利用して気に入らない相手に対してネット誹謗中傷を行う人が増加傾向にあるのです。本人は軽い気持ちでちょっとだけ痛めつけてやろうと思ってネット誹謗中傷を行ったつもりでも、匿名性が高いことから誹謗中傷されてしまった相手は精神的に追い込まれてしまったり、大きなダメージを受けることになります。

誰にも助けを求められない

インターネットを利用したネットの誹謗中傷は、誰かに相談したくてもなかなか相談できないということがあります。理由としては、自分にとっては知られたくない情報や見られたくない画像などが添付されていた場合、人に話したくても自分の秘密がばれてしまうことを恐れてなかなか相談できないと言う人が多いのです。加害者は誹謗中傷の対象となっている相手の弱みを握ることで、人に知られたくない情報を漏らし、相手の名誉を傷つけることで満足しているのです。誰にも助けを求められないことから1人で悩み苦しむ人が多く、こうした環境を1人でも解決できるネット環境が充実すると解決につながるでしょう。現段階では証拠集めて自分で裁判を起こすなり、気にしないようにするなどといった太陽で乗り切るしかないのです。

自分は軽い気持ちで書いたネット誹謗中傷でも、相手を深く傷つきます。安易に書き込まないようにしましょう。